ワキガを治療する電気凝固法とは?

ワキガを治療する方法の種類には、まず内服薬があります。代表的なのは、臭化プロバンテリンで、汗が出る時の伝達物質アセチルコリンの分泌を抑制する働きがあります。外用薬としては、塩化アルミニウム液があります。

制汗作用があるので、軽いワキガの症状には効果があります。ワキガを治療する方法で、手術をするまでもない軽度から中度のワキガ治療の場合、ボトックス注射があります。ボツリヌス菌の毒をワキの下に注射することで、一時的に汗の量を減らすというものです。ワキガ臭を抑える効果はないのですが、汗の量が減るので、精神的な不安を抑えることができます。

電気凝固法というワキガの治療法もあります。ワキの毛穴に電気針を刺し、高周波電流を通してワキを脱毛し、アポクリン腺と皮脂腺を破壊します。ワキガの治療と脱毛を一緒に出来るメリットがあります。

ワキガの程度が酷い人には、手術を施します。剪除法というにおいの元にアプローチするワキガ治療を行います。ワキの下を切開して裏返し、アポクリン腺を目視しながら取り除いていくというもので、汗腺を高い効率で切除することができます。

 

ワキガ 原因

関節痛が起こる原因とは?

関節には関節軟骨がすりあわせ部分にあり、骨と骨がぶつからないようにしています。関節をすっぽりと包んでいるのが関節包で滑液と呼ばれる潤滑油を分泌する滑膜と繊維膜という2つの膜でできていて、関節はその他に靭帯や筋肉、神経、血管といったもので構成されています。

関節軟骨には神経が通っていないので直接には痛みがありませんが関節の周りには多くの神経が通ってるため関節になんらかの異常が起こると敏感に痛みを感じてしまいます。それが関節痛と呼ばれるものです。

関節痛が起こる原因としては関節軟骨が擦りへったりすることで骨と骨がこすれあってしまう、軟骨のすぐ下にある骨で異常が起きる、関節包が引っ張られる、骨膜が炎症を起こして腫れる、人体が引き伸ばされて切れるなどがあげられこれらがいくつか重なって関節痛を起こすこともあります。また年齢とともに軟骨が弱くなったり、肥満傾向にある人の場合には軟骨に負担が重くかかることが関節痛の原因になります。

関節痛 サプリメント